その瞬間を切り撮る

旅とカメラの話題。「いいね」の瞬間を記憶だけではなく写真に残したい。

静岡県浜松市と炭火焼ハンバーグ

f:id:yoshi_camera:20210416175307j:plain

出張先の浜松市でメチャクチャうまいハンバーグを食べたというお話し。

地元の方なら「さわやかのゲンコツハンバーグ」は知らない人はいないという。
牛肉100%のハンバーグで外は炭火でカリッと焼かれているが、中身はレアな状態で熱した鉄板に乗せて客席に運ばれるのが特徴。

牛肉の鮮度・品質を保持するため、ひき肉は当日に提供することを原則にしているため、出店範囲は静岡県内に限定している、まさにローカルフード!

 

www.genkotsu-hb.com

 

f:id:yoshi_camera:20210416180409j:plain

「ソースは何がお薦めですか?」とオーダーを取りに来た店員さんに尋ねたら、まずはオニオンソースを薦められた。熱々の鉄板にのったゲンコツ大のハンバーグは、目の前で店員さんがカットしてくれ、「じゅっわっ」と、ソースをかけてくれる。目から入ってくるパフォーマンスとソースと肉が焼ける香ばしい匂いが、食欲を増し増しにしてくれるのだろう。

静岡に出張したら、「さわやか」でハンバーグを食べることを楽しみにしているサラリーマン(ウーマン)も多いという。また、地元の方にも熱烈に支持されている証拠として、平日というのに11時の開店同時に続々と客が来店。それも年代も広範囲(笑)。食べ終わった11:30頃には10組程度の客待ちになっていた。凄すぎ!

 

www.moneypost.jp

 

「うまい、安い、パフォーマンス、限定」。静岡に行く予定がある方はぜひ、チェックを。

Enjoy!

 

ハルの京都は世界一だったというお話し

f:id:yoshi_camera:20210412212013j:plain

半年振りの旅。

行先は「ハルの京都」。マスク、頻繁にアルコール消毒、黙食.......と今の時代のルールを厳守しての3泊4日。

ハルの京都は、とにかく、歴史の街である素晴らしを「これでもか!」と見せつけられた感じ。観光客が少ない今回は、人生で一番素晴らしい京都だったかもしれない。

 

f:id:yoshi_camera:20210412213002j:plain

f:id:yoshi_camera:20210412212449j:plain

f:id:yoshi_camera:20210412212407j:plain

コロナ禍で結婚披露宴で親戚友人に囲まれて祝福される機会もままならないが、サクラが映えるこの季節が二人の門出を祝福しているように思えた。お幸せに!

 

f:id:yoshi_camera:20210412212621j:plain

いいね!

 

f:id:yoshi_camera:20210412213228j:plain

f:id:yoshi_camera:20210412213307j:plain

f:id:yoshi_camera:20210412213610j:plain

京懐石と桜。Old Nomalの時代は予約をとることは至難の技。皮肉にもコロナ禍だから実現できた、といっても過言ではない。

 

f:id:yoshi_camera:20210412214609j:plain

f:id:yoshi_camera:20210412214132j:plain

f:id:yoshi_camera:20210412214252j:plain

f:id:yoshi_camera:20210412214451j:plain

f:id:yoshi_camera:20210412214855j:plain

京都にはやはり芸術の街であり、サクラとの一体感は、まるで屏風絵を見ているような美しさがある。さすが、日本の文化の真髄、何度来ても飽きない。

撮影機材はSONY α7ⅲ+28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)

Enjoy!

サクラとサクランボの違いは?

f:id:yoshi_camera:20210331202329j:plain

3年育てたサクランボの苗木が、ついにお花を咲かせた。おうちでお花見ができることになるとは、これ正にプライスレス。

ということで、本日は、あちらこちらで春到来を知らせてくれている「サクラ」と「サクランボ」の違いをお話ししたいと思う。

f:id:yoshi_camera:20210330194954p:plain我が家のサクランボに花がついたことを遡ると、元はこのサクランボ「紅秀峰」になる。
思い起こすと2018年7月、冗談半分に食後の残ったタネを発芽させてから花が咲くまで約1000日。可憐な花びらを見て、思わず「頑張ったね」とつぶやいてしまった。

f:id:yoshi_camera:20210331204150j:plain

さて、本題に戻ろう。

結論から先に述べると、「サクラ」と「サクランボ」は同じバラ科サクラ属ながら、種が違うので、サクラからはサクランボは獲れない。

サクラの代表ソメイヨシノは、「見るのを楽しむ」ために品種改良された観賞用のサクラ。その祖先は山桜になる。一方、サクランボのサクラはセイヨウミザクラといい、種の原産国はヨーロッパになる。

開花もソメイヨシノより少し遅れて咲き、花びらの色もソメイヨシノが薄いピンクに対し、セイヨウミザクラのそれは白だ。

 

みなさんがよく耳にするサクランボの種類としては、佐藤錦(さとうにしき)が有名ですね。国内で最も多く生産されている品種で、ヨーロッパ各国で栽培されている品種ナポレオンとアメリカ原産の黄玉を交配してできたものです。名前は交配育成した山形県東根市の佐藤栄助さんに因んで名づけられました。  だんだんサクランボが食べたくなってきました。春になり桜色に染まった後は、真っ赤なサクランボを楽しみにしましょう。

f:id:yoshi_camera:20210331210025j:plain

7月には市場に出回るサクランボ。発芽から1000日と気が遠くなるほど時間はかかるが、春のお花見鑑賞用としてチャレンジしてみてはいかがだろうか。

Enjoy!

 

コロナ禍の花見どうなる?

f:id:yoshi_camera:20210323164429j:plain

 

コロナ禍の花見どうなる?
約半数が「今年はなし」、3割強の“花見をする”派は「近場」や「歩きながら」を予定、らしい。

今年の僕はご近所の散歩を兼ねた「近場」派。カメラ片手のぷらぷら散歩。

 

f:id:yoshi_camera:20210323165931j:plain
ニュースでは、あちらこちらで満開の話をきくが、ご近所のお花見スポットはこれからが本番。タイミングは今週末から来週前半か。

 

f:id:yoshi_camera:20210323165757j:plain

早咲きの桜一本をカメラに納める。ここは超人気スポット「目黒川」の如く、川沿いに数百メートルほど桜並木が続き、満開の頃は川が花びらで埋め尽くされるほどの絶景ポイント。

そういえば、「春の到来」と「咲くのが期間限定」というのが桜の魅力の一つ、ということ知り、妙に納得。ここは、ご近所だからね。また、訪れることにしよう。

 

撮影機材:SONY NEX-7+SEL55210

 

Enjoy!

大阪とカレーの深い関係

f:id:yoshi_camera:20210314112913j:plain

コロナ禍でめっきり回数が減った出張。久々に大阪に行ってきた。
会合が終わったのは午後12時を回ったところ。取引先の方から、大阪来たんだからうまいカレー食べに行こうとお誘いを受け、向かった先は創業1947年「インディアンカレー」。これをきっかけに大阪人はカレー好きということがわかった、というお話し。

 

日経電子版に面白い記事を見つけた。お題は「大阪人はなぜカレー好きなのか」。

”大阪とカレーのつながりは古い。明治時代にカレーが日本に入ってきたとき、ご飯の上にどろどろした黄色いルウがかかっている食べ物を見た日本人は気味悪がり、抵抗を感じる人が多かった。その中で「新しもの好き」とされる大阪人はカレーに飛びつき、いち早く普及したという。

中でも有名なのが難波にある自由軒のカレーだ。1910年創業の同店は大阪の洋食店の草分け的存在。ご飯にルウを混ぜ生卵を載せるカレーが人気で、「いろいろな食材を混ぜて複雑な味を楽しむ『まむす文化』が根付いている大阪だからこそ、カレーが受け入れられたのでは」とみる。

初めてカレー粉を国産化したのも大阪の会社だ。
薬街の道修町で薬問屋として創業したハチ食品が、調合技術を生かし1905年に国産化し、「蜂カレー」の名で売り出した。戦後、固形のルウを全国に広げたのも、「バーモントカレー」で知られる大阪のハウス食品。初のレトルトカレーボンカレー」を世に出した大塚食品も大阪の会社だ。(以上 引用元は日経新聞NIKKEI STYLEより)”

 

50 Things to Do in Osaka | tsunagu Japan

大阪は仕事で幾度となく訪れているが、これまではマチにはあまり魅力を感じず、会合先と駅の往復だけだったが、食という切り口では面白いマチかもしれない。大阪はお好み焼きやたこ焼きだけではないのだ。

ちなみに「インディアンカレー」は口に運んだ瞬間は甘く感じるが、後味はピリッとしたスパイシーさが後を引く不思議に変化する味。
聞くところによると、この変化する味は人気カレー屋さんの共通点で、大阪ではただ辛いだけの単調な味は受けないらしい。その理由は最初に甘さを感じる大阪特有の「だし文化」が深くかかわっている、という。

 

www.indiancurry.jp

カレーという庶民の料理を創意工夫し、大阪人の舌を満足させる料理を作り上げていく。そして、それを評価した客が店に足を運ぶ……。そんな両者の“真剣勝負”が、大阪のカレー文化を支えている、というのは魅力的な文化。
京都が歴史なら大阪は庶民の味。今度、プライベートでゆっくり探索しようと思った。

Enjoy!

 

京都の桜開花は例年より早いらしい

f:id:yoshi_camera:20210227130951j:plain

昨晩、国は、10都府県に発令中の緊急事態宣言について岐阜、愛知の東海2県、京都、大阪、兵庫の関西3府県、福岡の計6府県を月末までで解除すると表明した。

宣言解除後もGoToトラベルはすぐに再開にはならないが、中国観光客が少ない今だからこそ、京都の桜を見に行きたいと計画を立てている。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

f:id:yoshi_camera:20210227132836p:plain

今年の近畿のさくらは、平年よりかなり早い開花となりそうだ、とのこと。

Enjoy!

 

気になるマウント「RAMマウント」

f:id:yoshi_camera:20210223090948j:plain

バイク乗りがスマホを固定するアクセサリー。圧倒的な支持を受けているのが「RAMマウント」だという。GoProのアクセサリーと比べかなりヘビーデューティーな仕様が気になって調べてみた。

 

www.rammount.com

 

米国のメーカーで創設者兼CEOのJeffCarnevali氏が1990年に立ち上げたスタートアップ企業。かつては個人事業でワンマンオペレーションであったものが、頑丈で信頼性抜群なものが評判を呼び、米軍でも採用。いまやデバイスおよび機器の取り付けソリューションの大手メーカーに成長したという、まさにアメリカンドリーム。

 

f:id:yoshi_camera:20210223093313j:plain

非常に丈夫なヘビーデューティ仕様で、耐久性も高く、 大切な機器をしっかりと保護し固定できるので、振動、雨風など悪環境に見舞われるバイクライダーから信頼され、高い支持を受けている。

RAMマウントシステムは軽量で丈夫な耐腐食性の高いMarine gradeのアルミニウムをパウダーコート仕上げで作られており、米国特許庁にもその性能が認められている製品。

 

youtu.be

製品はマウント部、アーム部、ベース部の組合せでより細かいニーズに対応する。豊富なRAMのパーツを組み合わせて、「マイ・マウント」を作れるのはアクションカメラから派生したGoProのマウントコンセプトと同じだ。要は、GoProのマウントより頑丈さを求める場合はRAMマウントというところ。

www.plotonline.com

 

のカスタム事例画像 さんのの投稿 2枚目

スマホの置き場に悩むコペンオーナーにも人気。あれこれ試して結局これしかない、とのレビューも。軽自動車という物理的空間の制限があるし、エアコン吹き出し口も一つだけなので、これが受けそうな理由は納得できる。
また、スマホのみならず、リアのドラレコ設置にも良さげかと思った。色々、便利グッズがあると知った次第。

Enjoy!